胃がんの原因

胃がんの原因であるピロリ菌。
ピロリ菌が自分にいるかいないかの検査は袋に息を吹き込み、錠剤を飲む。
20分後に別の袋に息を吹き込む。
正常値は2.5以下の数値です。
胃が痛むなどの自覚症状のない人にピロリ菌がいることが多い。
胃を見てみると…
胃のひだがあると表面積が多くていい。
光沢があって、ひよこの足跡のような血管が見えるのは良い胃。
胃酸に敏感に感じてしまうので、胃が痛くなることがある。
昔は川や井戸水の中にピロリ菌がいました。
しかし、衛生環境が良くなったので今は川の水も井戸の水もピロリ菌はいません。
幼いころに川や井戸水に慣れしたしんでいる高齢者に多くいる。
胃酸の酸度が低い5歳ころまでに感染して、除菌をしない限りは一生、そのまま胃にいることになる。
キスをしたり子供の噛み砕いてあげたりすると感染するので注意が必要です。