二転三転した結果

祭りの写真を撮るというコンテストで最高賞の市長賞が決まっていた人がいました。
その内定を取り消すという騒動は何故おきたのか。
写真に写っていた女子中学生が自殺して死亡したからだそうです。
いじめの被害を訴えて亡くなってしまいました。
撮影から10日後に電車にはねられて死亡し、もういじめはやめて欲しいという遺書を残してます。
決定してから不幸を知り、遺族の了承をうえで決めたこの受賞。
彼女の四十九日に受賞の話しを聞き、娘さんの笑顔に涙が止まらなかったという遺族。
しかし亡くなった人が写っている写真を選ぶべきではないと取り消された。
ふさわしくないという言葉は納得がいかないと遺族の方がおっしゃっていました。
いじめが亡くなるようにとあった遺書をついで、両親が公表したそうです。
結局撤回されましたが嫌なニュースですね。