再帰性反射材

夏が近づいてきて、夕方でも明るいですよね。
夜の原付バイクに乗っていると、見えない歩行者とかがいると怖いです。
ウォーキングやジョギングなどを暗くなってからする人はぜひとも反射する素材のものを見につけて欲しいです。
モノに光をあてると乱反射してさまざまな方向へ拡散するので見えにくいということがおきます。
光をあてると反射する素材が見えやすいのは理由があります。
光りがあたるとその光のもとへいくようになるのでだから車から良く見えるわけです。
これを再帰性反射材と言います。
読んで字のごとくですね。
もともとの色とは違う色に「見える」という現象もこの光が関係しているみたいです。
難しいけど不思議なことっていっぱいありますね。