不思議な作家さん

これから感想を残す作家さんのお名前は残すことは出来ません。
これを読む人なんて少ないとは思いますが風評被害みたいになるのは本意ではありませんからね。
とある作家さんの本を読んで、本当に心底「普通」なんです。
批判するべきところがあっておもしろくないわけでもない。
ただ、刑事事件の小説もので犯人が誰か?!と思いながら楽しく読むタイプのものなのにそういう雰囲気にまったくならない。
とりあえず6冊ほど読んでみましたが、なんとも単調なお話しというか。
それでも本当に、もう読みたくないと思うほどの落ち度もないんですよ。
ただ、物語の途中でも簡単に離脱できてしまうということはあります。
読むのも惰性になってしまう、不思議な作家さんです。